同じ読み方の漢字 「あ」

同じ読み方の漢字はたくさんあります。
例えば「あてる」という文字の漢字は調べてみると、        「当てる▪充てる▪宛てる▪中てる」などありますが、調べても例文が難しい場合が多いので誰でも分かるようにまとめました。

あう(会 合 逢 遭)

【会う】友達と会う
【合う】気が合う
【逢う】運命の出逢い

【遭う】好ましくないこと、思いがけないことにあう
例 にわか雨に遭う

あがる(上 挙 揚)

【上がる】エレベーターが上がる
【挙がる】手を挙げる
【揚がる】花火が揚がる

あいしょう(愛称 愛唱)

【愛称】
正式名のほかに親しみの気持ちを込めて呼ぶ名前、あだ名

【愛唱】
好んで歌うこと

あいかん(哀感 哀歓)

【哀感】ものがなしい感じ
例 哀感を込めて歌う

【哀歓】悲しみと喜び
例 哀歓を共にする

あいせき(哀惜 愛惜)

【哀惜】人の死を悲しむ
例 哀惜の言葉を述べる

【愛惜】物を大切にし手、放したりすることを惜しむ
例 愛惜のアルバム

あからむ(明 赤)

【明らむ】
夜が明けて空が明るくなること

【赤らむ】赤くなること
恥ずかしくて顔が赤らむ

あける(明 空 開)

【明ける】朝になり明るくなること/新しい年になること/春期間が終わること
例 連休が明ける

【空ける】
家を空ける/席が空く/穴をあける/時間が空いた

【開ける】扉や窓開く/お店などのオープン
例 窓を開ける/ドアが開く

あく(明 空 開)

【明く】夜が明ける
【空く】席が空く
【開く】扉が開く

あし(足 脚 葦)

【足】足の裏
【脚】机の脚
【葦】川べりや沼べりなどの低湿地に群生する草のこと

あずかる(預 与)

【預かる】人に頼まれ保管をする/ その場で決めずに保留にする
例 お金を預かる/台所を預かる/その件は一時預かる

【与る】関わりを持つ 
例 お褒めに与る

あだ(徒 仇)

【徒】むだ、てぶら

【仇】恨む相手や妨げとなるもの
例 親切が仇となる

あっせい(圧制 圧政)

【圧制】権力で押さえつける

【圧政】権力で押さえつけ行う政治

あと(後 跡 痕)

【後】うしろ/のち/遅れて/引き継ぐもの
例 後出し/跡が絶える

【跡】何かがあったしるし

【痕】傷が治ってできたあと
例 水疱瘡の痕/涙の痕

あな(穴 孔 坑)

【穴】表面にできたくぼみ/お金の損失
例 庭に穴を掘る/ 穴場

【孔】反対側まで突き抜けた空間/通気孔
例 壁に孔を開ける

【坑】地面にまっすぐ掘ったあな/炭坑
高山のが崩れる

あたい(価 値)

【価】価千金(あたいせんきん)
   意味:ひじょうに価値のある
【値】温度計の値が上昇する

あたたかい(暖 温)

【暖かい】寒いの反対の言葉
暖かい陽気

【温かい】冷たいの反対
温かいスープ

あたる あてる(当 充 宛 中)

【当たる】ボールが頭に当たる

【充てる】支払いに充てる

【宛てる】両親に宛てた手紙

【中てる】矢を的に中てる

あつい(熱 厚 暑 篤)

【熱い】対語 冷たい
体が熱い

【厚い】
厚い本

【暑い】対語 寒い
暑い日差し

【篤い】真心がこもって念入りである
篤い友情

あぶら(油 脂 膏)

【油】
油で炒める/菜種油/水と油の関係

【脂】動物の脂肪/脂が皮膚に滲み出たもの
脂ぎった顔/あぶらとり紙/牛脂

【膏】肉の白い部分
ふつうは「脂」と書く

あらい(荒 粗)

【荒い】乱暴であること
例 運転が荒い/人使いが荒い

【粗い】隙間が大きく密ではないこと/細かいの反対
粗いみじん切り/縫い目が粗い

あらわす(表 現 著 顕)

【表す】
喜びを表す/感謝の気持ちを表す

【現す】見えなかったものが姿を見せる
例 正体を現す/木の影から現れる

【著す】文章を書いて本にし世の中に出す

【顕す】良い行いや功績を世の人に示す
真価が顕れる

あやしい(怪 妖 奇)

【怪しい】
怪しい人

【妖しい】神秘的で魅力的な
妖しい魅力を持つ美女。

【奇しい】よくない
奇しい態度

あやまる(誤る 謝る)

【誤る】間違う
例 誤った答え

【謝る】詫びる
例 平謝り

ある(在る 有る)

【在る】存在
例 社会人としてのあり方

【有る】持ってる
有り余ってる

あわせる(合 併)

【合わせる】一つにする
声を合わせる

【併せる】二つ以上のものを一つにすること

  • 面倒な家事はスキマでやろう!

  • うさぎ

    【簡単!】LINE スタンプを確定申告する方法

  • ビタミン

    【オイシックス】の感想を調べてみた件

最新情報をチェックしよう!