【早寝早起きは三文の徳】子供が早起きできない対処法

娘が幼稚園の時は、         家から幼稚園が近くて
7時半くらいに起きても間に合ったのですが、小学校は家から遠いです。早起きできない娘が早起きできるようになるまでの方法と対策をブログに書き留めました。

小学生は早寝早起き

 幼稚園の年長から早起きができるようにと前々から考えていたのですが、その予定がズルズルと伸びて早起きできず結局幼稚園を卒園し、春休みになっても早起きをすることができませんでした。

早起きできなかった理由

 早起きができない理由としては
夜早く寝ることができませんでした。

 これは親のせいですが小学校で遅刻はできないので、小学校入学2日前から早寝早起きできるようにしました。

 ネットで調べてみると、
30分ずつ毎日前倒しして早く起こすように
と書いてありましたが、娘の場合はいきなり1時間以上も早く起こされる羽目になりました。

 急に早起きになって生活のリズムも
整わずに小学校へ行くことになりましたが
早く寝れば早く起きるという風に
体がなっているので
、夏休み前になった今でも一度も遅刻することもなく、
毎朝6時15分には起きて準備をして
朝ご飯を食べて7時23分頃には
家を出るように
なりました。

早寝早起きのコツ

 早く寝るようにというのは
なかなか難しいです。

 娘にとって一番効果的なのは
夜には部屋を真っ暗にすることです。

 家に Alexa が設置してあるので
照明を設定して、夜9時には
真っ暗になるように設定
しています。

 親も努力しする必要がありますが、
娘にとってはこの方法しか
早く横になるって言う事が出来ません。

 夜になると遊びたくなってしまうので
真っ暗になれば物理的に遊べなくなり
この方法で早く寝るようになって、
朝も早く起きれるように
なりました。

寝るまでの流れ

 今、夜の習慣としては夜ご飯を6時には食べ終わるようにしています。

 20時にはもう布団をひいて
21時には電気が暗くなるので
暗くなったら Alexa を使って
オルゴールを流します

 最近娘は、夜寝る前に私としりとりをするのが好きなようで、しりとりを一通り遊び終わったらそのまま寝ています。

子どもの早寝早起きまとめ

 夜寝るまでの流れを作って、親も努力をすると子供も早く寝れるようになります。

 早く寝れば朝早く起きれるようになって朝ごはんもしっかり食べて元気に学校に行けるようになりますよ。

 Alexaにも毎日感謝です。

おすすめの記事

最新情報をチェックしよう!