子供が自転車を早く乗れるようになるには?

子供が補助輪なしで自転車に乗る時期

自転車を乗る年齢は大体年長から乗り始める子が多いと思います。

娘の場合は少し遅くて、小学校1年生の夏休みに乗る練習をしました。

練習をして四日目で乗れるようになった過程を書きたいと思います。

自転車に早く乗れるようになる練習方法

YouTube やいろんな情報をネットで調べて、自転車教室というのを目にしました。

ただコロナ禍のため自転車教室は開催しているところが少なかったので親が教え方を勉強することに。

自転車を早く乗れるようになるためには、なるべく親が自転車を支えないことが重要です。

初めに練習したのは両足で歩きながら自転車に乗ることです。

それができたら片足でこいで乗るように練習します。


ここで覚えたいのがバランスを崩しても転ばないということが子供自身で経験して学ぶことです。

1日目は自転車を倒すことが多かった娘も、片足二日目、三日目には転んだり倒れることはなくなりました。

足をつけば転ばないということを子供自身で学びました。

三日目には片足漕ぎが上手になったので、両足で蛙のようにぴょんと足を離し勢いよく進む練習をひたすらしました。

四日間練習をして初めて一人で漕げるようになりましたが、トータルの時間を考えると2、3時間で漕げるようになりました。

親が自転車を支えることなく練習を重ねていたので、練習に時間がかからず早く一人で自転車を漕げるようになったんだと思います。

安くておしゃれな子供自転車は?


まとめ

子供が自転車に早く乗れるようになるには
なるべく親が自転車を支えないこと
子供が早くバランス感覚を持てるよう
手を出すのをグッと我慢して応援することです。
練習方法を実践して一緒にサイクリングできるといいですね!

おすすめの記事

最新情報をチェックしよう!