【健康第一】ミトコンドリアを元気にする方法

ミトコンドリアとは

人の体は60兆あまりの細胞から成り立ち無数の生命体の集合体である。

ミトコンドリアはエネルギー製造工場と言われており、ミトコンドリアが元気に動き回っていることが細胞の健康につながる。

ミトコンドリアが酸化する

ミトコンドリアがエネルギー源にしている酵素は細胞を酸化させる働きもあり酸化するということが体の老化することであります。

精製されたものばかりだと、ビタミンやミネラルなど栄養素が不足し、代謝がスムーズに進まなくなる。

コンビニなどでおにぎりやパンお菓子ばかり食べていると、ミトコンドリアが働かずに体の疲労が溜まってしまう。

玄米も白米に精製することでビタミン B 1が失わでミトコンドリアが思うように働いてくれません。

精製されたものの糖質が多いと糖尿病の発症にも繋がり、小麦などのパンや麺なども砂糖です。
小麦と砂糖の組み合わせは、代謝のシステムの不具合がおきミトコンドリアのエネルギー製造に不具合が起きます。

ミトコンドリアが元気になるには

間食を減らすとミトコンドリアが元気になる。ずっと食べていると消化管が疲れ腸のぜん動が鈍って消化不良や便秘につながります。

お菓子など過剰に取った糖が血液中に回り高血糖が動き血中のコレステロール値が高まり肥満の原因になります。

続くと動脈硬化を起こし心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まります。

そのためミトコンドリアの活動は思うように動かずエネルギー代謝が滞り活力が低下してしまいます。

ミトコンドリアとオートファジー

空腹時間を作ることがミトコンドリアの活性化につながるのは、細胞に溜まったゴミをを掃除するオートファジーと呼ばれる細胞のクリーニングの効果です。

タンパク質の不良品を取り込み再びアミノ酸に分解するシステムです。
空腹時間があることでこのシステムは働きやすくなります。

オートファジーはタンパク質のリサイクルだけではなくミトコンドリアの活性化にもつながっています。

ミトコンドリアはエネルギーを生み出す時に活性酸素によって酸化されます。

抗酸化酵素や抗酸化物質などで防いでいるがそれでも老化したミトコンドリアは細胞オートファジーで処理されます。
そうすると細胞の老化は食い止められています。

ミトコンドリアを活性化するサプリメントは?

  • コエンザイム Q 10
  • aリポ酸 
  • L カルニチン
  • ビタミン B 群(不足するとミトコンドリアの活性は低下する)

最後に

ミトコンドリアは体のエネルギー製造工場です。元気に生きるために必要なものです。ミトコンドリアが元気でいるためには

  • 体温を上げる
  • 糖質を摂りすぎない
  • ストレスをためないことが大事
最新情報をチェックしよう!