同じ読み方の漢字 「か」

同じ読み方の漢字はたくさんあります
例えば「あてる」という文字の漢字は
調べてみると「当てる▪充てる▪宛てる▪中てる」などありますが調べても
例文が難しい場合が多いので
誰でも分かるようにまとめました

かいしん(会心 改心 戒心)


【会心】満足する
会心の笑み

【改心】心を入れかえる
改心を決意した

【戒心】用心
戒心を怠らない

かいほう(会報 回報 快報 開放 解放)

【会報】会の活動を会員に伝えるための冊子
会報誌

【回報】回覧報

【快報】朗報
優勝の快報に接する

【開放】

例 ドアを開放する 開放的な性格

【解放】

例 人質を解放する 試験の後の解放感

かいとう(回答 解答)

【回答】質問や要求に対する返事
回答には正解とか間違いというのがない

【解答】問題を解いて答えること
解答には正解も間違いもある

かいてい(改定 改訂)

【改定】前に決めたことを改めて新しく決めること
例 電車の運賃を改定する

【改訂】内容改め、前よりも更に良いものにする
例 教科書の内容を改訂する

かいか(開花 開化)

【開花】花が咲く
例 桜の開花宣言

【開化】進歩
例 文明開化

かいこ(回顧 懐古)

【回顧】過去を振り返り思うこと
例 1年を回顧する

【懐古】昔を懐かしむ
例 若者の懐古趣味

かいせき(会席 懐石)

【会席】特定の目的があって集まった席

【懐石】
例 懐石料理

かいそう(海草 海藻)

【海草】懐中に生える草
例 海の海草を採集する

【海藻】海中に入る藻
例 海藻サラダ

かいへん(改変 改編)

【改変】制度などを変える

【改編】編集したものを改め直す

かいり(乖離 解離)

【乖離】人間関係で背き離れる

【解離】科学関係で解き離れる

かえりみる(省 顧)

【省みる】反省する

【顧みる】気にかける、心配する

例 少年時代を懐かしく顧みる

かえす かえる(返 反 帰 還 孵)

【返す】
借りた本を返す

【反す】
手のひらを反す

【帰す】
家に帰る

【還す】生還させる
無事に祖国に還らせる

【孵す】卵をあたためて、ひなにする
卵を孵す

かえる かわる(変 代 替 換)

【変える】前と違った状態
座席が変わる

【代える】
車の運転を代わる

【替える】
振り替え休日

【換える】別のものに交換する
電車からバスに乗り換える

かがく(科学 化学)

【科学】観察や実験などで結果を導く学問
宇宙科学など

【化学】科学の一分野 
薬品などを利用して反応や変化などを
研究する学問

かがみ(鏡 鑑)

【鏡】
例 手鏡

【鑑】お手本
例 人の鑑となる

かくりつ(確立 確率)

【確立】しっかりと打ち建てる
例 地位を確立する
【確率】
例 降水確率

かかる かける(掛 架 懸)

【掛かる】
洋服をハンガーに書ける

【架かる】
空に虹が架かる

【懸かる】懸念
子供に期待を懸ける

かげ(影 陰)

【影】影絵遊びなど物の形が
他の所にできる黒い形のこと

【陰】光の当たらない暗い部分 
ビルの陰 木陰

かさ(傘 笠 暈 嵩)

【傘】
傘をさす

【笠】頭にかぶるもの 笠の形をしたもの
編笠 電灯の笠

【暈】太陽や月の周りにある光の輪
太陽の暈が見える

【嵩】ものの大きさ
水嵩が増す

かしゃく(呵責 仮借)

【呵責】しかり責めること

【仮借】借りる 許す

かじゅう(加重 荷重 過重)

【加重】重さが加わる
例 加重課税

【荷重】荷の重さ
例 クレーンの荷重

【過重】重すぎる
例 労働過重

かしょう(過少 過小 寡少)

【過少】対語 過多
人口が過少な地域

【過小】対語 過大
過小な予算

【寡少】極めて少ないこと
寡少な人員

かする(化 課 科 架)


【化する】
煙と化する

【課する】仕事、義務として割り当てる
食事制限を課する

【科する】刑罰をおわせる
罰金を科する

【架する】橋などを上に高くかけ渡す
橋を架する

かせつ(架設 仮設)

【架設】かけ渡して設置する
例 電話の架設工事

【仮設】仮に設置する
例 仮設トイレ

かた(形 型)

【形】物の形や様子
例 ハートの形 借金の形に家を取られる

【型】元になる形
血液型 型破り

かたい(固 堅 硬)

【固い】頑丈なこと、がんこ
例 地盤が固い 頭が固い

【堅い】きちんとして信用がある
例 堅いせんべい 手堅い仕事をする人

【硬い】
例 硬い鉛筆 硬い文章 硬い表情

かた(形 型)

【形】
例 ハートの形

【型】
例 血液型

かたみ(形見 肩身)

【形見】
例 祖母の形見

【肩身】
例 肩身が狭い

かたる(語る 騙る)

【語る】言葉で表していうこと
例 語り手

【騙る】人を騙してお金などをとる、身分などを偽る、詐欺
例 政治家の名を騙る

かてい(過程 課程)

【過程】経緯
例 製造過程

【課程】学科
例 教職課程

かねつ(加熱 過熱)

【加熱】
例 食材を加熱する

【過熱】熱くなりすぎること
例 車のエンジンが過熱する テニスの試合で応援が過熱する

からす かれる(枯 涸 嗄)


【枯らす】
花が枯れる

【涸らす】枯渇
涙が涸れる

【嗄らす】声をしわがらせる
応援で声が嗄れる

かわ(皮 革)

【皮】動植物の表皮
例 毛皮

【革】加工した革
例 革靴

かわく(乾く 渇く)

【乾く】
例 洗濯物が乾く 地面が乾く

【渇く】水が欲しくなる 心が満たされない
例 暑くて喉が渇く

かん(感 勘 観)

【感】心の反応
例 責任感

【勘】直感
例 勘を働かせる

【観】見て悟る
例 人生観、先入観

かんさ(監査 鑑査)

【監査】正しく行われてるかどうか確認する
例 会計監査

【鑑査】本物が優れているか明らかにする
例 応募作品を鑑査する

かんさつ(観察 監察)

【観察】注意深く見る
例 朝顔の観察をする

【監察】監査
例 監察完了

かんし(監視 環視)

【監視】見張り

【環視】みんなが周りで見る

かんじ(幹事 監事)

【幹事】世話人
例 飲み会の幹事

【監事】監査役
例 社団法人の漢字

かんせい(歓声 喚声)

【歓声】喜びの声

【喚声】わめき声

かんち(関知 感知)

【関知】関与
例 一切関与しない

【感知】探知
例 異常を感知する

かんしょう(観賞 鑑賞)

【観賞】美しいものを見て楽しむこと
例 観賞用の植物

【鑑賞】作品などを深く味わう
例 映画を鑑賞する

かんしん(感心 関心)

【感心】心に深く感じること
例 勇気に感心する

【関心】興味を持つこと
政治の世界に関心を持つ

最新情報をチェックしよう!